いうえおかき

WordPressとSSG。次世代のWordPressの使い方。

WordPressは今後、コンテンツ管理機能などの一部分のみを使って、フロント側は静的サイトジェネレーター(SSG)で構築する、ことに使われていく道があるようです。セキュリティ面やパフォーマンスも向上するならば必須になってきそうな技術です。

CSS Niteで話題になったJAM stack。その考え方を元にSSGを使用してワードプレスを活用する話をWord Camp 2019セミナーで聞きました。まだまだ理解ができていませんが、ワードプレスの次世代の使い方を知ったようで、ワクワクしています。覚えることはたっぷりですが、とりあえずメリットやSSGツールをまとめてみたいと思います。

WordPress +SSGのメリットは?

ちなみにCDNにおくことでスケーリングとパフォーマンスが圧倒的になるようです(「CDNを破るようなハッカーがいたらもはやどうしようもない、ぐらい安全」という感じらしい)。また、ヘッドレスCMSはすでにいくつもあるそうですが、エンジニア中心でまだ使っているのでユーザビリティなどに欠点があるものが多いとのこと。その点もワードプレスは、ヘッドレス CMSとして使っても優れている点のようです。

WordPress +SSGのデメリットは?

欠点もいくつかありますね。また、データベースはNoSQL(RDBMS以外のDB管理システムを指す)になるようです。ここも自分はまだよくわかっていないので検証が必要ですね。。

どう実装するか?

いくつか方法があるようです。

さて、、たくさん情報が出ました。ともかく試してみないと始まらないですね。CDNもNetlifyで安く借りられるそうなので試してみます。

トップへ戻る